スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

【プレイバック】第2回コバトンカップ

2016/ 12/ 02
                 
2014年8月3日に行われた、第2回コバトンカップ結果をアップします。
夏休みという時期もあって、各大学・高校チームはエース級が多数参戦し、非常にレベルの高い大会となりました。
---------------------
【予選結果】
予選

TQC(東京大学クイズ研究会)が12戦11勝と圧倒して予選1位。KQK(慶應大学クイズ研究会)、早稲田2チーム、開成と、学生チームが今回もトップリーグを独占。一方でルーレット、玉Q、越Qといった社会人チームは今回も全チームミドルリーグに甘んじることとなった。第3回では社会人チームの奮起に期待。他、浦和高校が県内古豪の意地を見せミドルリーグに入りとなった。

【チャレンジリーグ簡易報告】
中学生メンバー中心ながら、栄東が4戦全勝。大学生の千葉大をも上回る活躍だった。
世代交代直後となった浦和一女は前回以上に苦しい戦いとなったが、随所によい押しも見せていた。

【ミドルリーグ簡易報告】
玉Qが全勝で勝利、ミドルリーグ2連覇という栄誉(?)を得た。「社会人作成の問題中心で社会人に挑む」という厳しい状況だったはずの早稲田中高だが、見事に善戦、僅差で3位に入りポテンシャルの高さを見せつけた。浦和高校はやや苦しい戦いになってしまったが、随所の押しで意地を見せていた。

【トップリーグ簡易報告】
圧勝の少ない大接戦だったが、開成中高が圧倒的強さでトップリーグ制覇。2大会連続の快挙となった。その開成に唯一負けなかった(引き分け)早稲田蒔は4位でプレーオフに回るなど、非常に厳しいリーグとなった。

【決勝簡易報告】
リーグ戦の厳しい戦いを踏まえてか、ポイントが前がかりになる全チーム。しかし、「チームMr.h」作成の問題は(予選と比較して)ひねりが効いた問題も多かったこともあり、全体的に誤答が先行し、最終的にはまさかの誤答決着。我慢して戦った「早稲田・森」が優勝、早稲田としての大会2連覇となり、にゃんたぶうのCDがまた一枚早稲田に持ち帰られることとなった。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。